20代女性の2大資格 医療業界&ウエディング業界
女性に人気の職業

医療事務管理士

医療資格

医療の現場では事務仕事も重要な仕事の一つで、医療の専門知識を持ち事務仕事を補助する専門家が医療事務管理士です。通常の事務仕事と異なるのは、医療保険制度や診療報酬の仕組みなどの知識が求められることです。仕事内容は診療報酬の算定や治療費の計算、カルテ管理や診療報酬明細書作成などがあります。事務といっても、医療事務ではパソコンに向かって作業するだけでなく、病院などに来院した患者と接する機会が多いのが特徴です。

受付窓口での会計や保険証の確認などを行うため、患者に対しての声かけなど小さな心遣いが大切なる仕事です。仕事と子育てを両立するの向いていることから、女性も多く資格を取得しています。アルバイトやパートとして雇用している職場が多く、自分のライフスタイルに合わせて無理なく働くことができるのも魅力です。給料は勤務先によりますが、平均的な月収は10万円台後半から20万円程度が相場とされています。

ただし、勤務年数や雇用形態、職場環境や本人のスキルによって変動します。医療事務管理士になるには技能認定試験を受ける必要があり、技能認定振興協会が実施している民間資格です。試験は年に6回全国で実施され、試験の申し込みは郵送以外にもインターネットやコンビニからでも行うことができます。医療事務管理士の試験は医科と歯科の2種類で、両方とも診療報酬明細書を作成のための実技試験に加え、医療に関する学科試験が行われます。