20代女性の2大資格 医療業界&ウエディング業界
女性に人気の職業

理学療法士

医療

理学療法士は、女性が活躍している資格の1つにあげることができます。ケガや病気で障害が起きてしまったり、これから障害が発生すると予測される人に対して行うリハビリテーションの専門職です。リハビリテーションは、日常生活を問題なく送ることができるように行います。例えば、立ったり座ったり歩いたりといった基本的な動作は、日常生活に欠かせません。そういった基本動作が普通にできることを目的にしています。

また、それを維持するために行うこともあります。それから、発生した障害が悪化しないように予防する目的で行うこともあります。リハビリテーションには、運動療法や物理療法などがあります。理学療法士の仕事は、一人一人の障害の程度や身体能力などに合わせて適切なプログラムを組んで、理学療法を施すことになります。国家資格なので、資格を持っていない人が理学療法を行うことはできません。

理学療法士は、病院やリハビリテーション専門のクリニック、介護施設など様々な分野で働いています。中にはスポーツの分野で、スポーツトレーナーとして活躍している人もいます。女性が多く働いている職種なので、産休や育休といった制度が整っている施設も多くあります。そのため出産を経験した後にも働くことができます。子育てと仕事を両立させやすい環境が整っているというメリットがあります。また、出産を機に一度退職し、子どもの手が少し離れたら再び働き始めるという人もいます。