20代女性の2大資格 医療業界&ウエディング業界
女性に人気の職業

診療情報管理士

医療資格

最近では、女性が取得すると有利になる資格が多数ありますが、今回はその中でも流行の医療系の資格である、診療情報管理士の利点やメリットについてあります。診療情報管理士とは病院団体や医療財団が管理し、付与する民間資格になります。受験に関しては日本病院会が指定する通信教育を受講するか、もしくは受験認定指定校において必須科目を履修することにより獲得することができます。

以前は診療録管理士という名称の資格でしたが、昔に現在の名称に変更されました。主な業務の内容としては、診療録の物理的、精神的な管理や内容の精査を行う物的管理、診療情報をまとめたり保存したりする情報の管理、構築されたデータから必要な情報を利用する情報の活用があります。しかしながら多くの病院においては人手不足を原因として、物的管理と情報の管理のみを行い、情報の活用が十分かつ適切に行われることが少ないです。診療報酬の改定により、診療録の管理体制加算が新たに設けられ管理体制に対する評価がなされました。

そのため、情報管理士の職業が注目されることになりました。この影響で受講者が大幅に増えました。病院においては最低一人の専任の有資格者が配置されることが要件になっています。受験認定指定校は全国各地に存在しているため通信環境が整っていなくても安心です。さらに、通学可能な場所に受験認定指定校がなくても、指定の通信教育を受講することにより得ることが容易です。

診療報酬請求事務能力認定試験

医療報酬

女性が活躍したいと思うときに最近多く見かけるとされるのが、医療事務で働く人たちです。この医療事務では、かつては特に資格などが無くても問題がありませんでした。現在でも医療事務そのものは資格が無くても働けますが、これから働こうと思う際には診療報酬請求事務能力認定試験などの取得者でないと厳しい場合があると考えられています。

なぜ厳しいのかというと、他の新規応募者の中にはこうしたものを取得してから応募している場合があり、彼らと競争になったときには取得の有無で判断されてしまう可能性が高まっているためです。したがって、医療機関等で医療事務として働こうと思うときには、事前にこの診療報酬請求事務能力認定試験を受験し、合格しておくことで採用されやすくなる傾向があるとされます。そもそも医療事務とは、医療機関が審査支払機関である国民健康保険団体連合会いわゆる国保連や、社会医保険診療報酬支払基金いわゆる支払基金へと、レセプトによる医療費請求を行う際にそのレセプトの作成を行うことが仕事のメインです。

したがって、レセプト作成を一から学びながら事務作業を行うのか、あるいは診療報酬請求事務能力認定試験に代表される試験の合格者を持って当てるのかは、医療機関での事務の効率化の観点からも重要視されてきている現状があります。医療業界の中で事務職として女性が活躍しようと思う際には、このレセプト作成に関する知識が必須になっています。その知識を有するのかどうかを客観的に判断するための一つの材料として、この認定試験があるわけです。