20代女性の2大資格 医療業界&ウエディング業界
女性に人気の職業

美容師

結婚

美容師といえば、髪の毛をカットしたり、セットやパーマなどを施してヘアスタイルを美しく整える職業のことをいいます。主に美容室やヘアサロンで働くのが一般的です。仕事内容はそれぞれの美容室やヘアサロンによって異なりますが、アシスタントからスタートしてスタイリストになるなどステップアップしていくのが平均的な流れになります。キャリアを積んでからは、店舗のマネージャーになったり独立して自分の店を持つ場合もあります。

美容師として働くには、国家試験を受験して資格を取得する必要があります。また、国家試験の受験資格は、厚生労働省が定める美容学校を修了することで得ることができます。髪のカットやセットといった手作業の分野は機械化が難しいと言われているので、需要が多く将来性が見込める職業です。また、女性が多く働いている職業の1つでもあり、自分のセンスを活かして働くことができます。

美容師の収入などの待遇面は、勤務する店舗によって大きな差があります。経験年数が浅いアシスタントの頃は、給与は低く抑えられることがほとんどです。技術を磨いて人気が出ると高収入になることもありますし、自分の店を持った場合には経営次第で大きな収入を得られることもあります。しかし、競争が激しく流行もすぐに移り変わりやすいので、日頃から腕やセンスを磨く努力が必要と言われています。また、土曜日や日曜日、祝日などは客が多くなるので、休みにくいといった面もあります。