20代女性の2大資格 医療業界&ウエディング業界
女性に人気の職業

ドレスコーディネーター

ドレス

誰の目から見てもこの人がお嫁さんだとわかるアイコン、それがウエディングドレスです。たとえ、結婚式に価値が見いだせないという女性でも若いころに一度は着てみたいと考えるほど、その存在感は大きく、ブライダルにおいてスタイリングやコーディネートを行うのが、ドレスコーディネーターです。婚礼衣装に対する新婦の関心は高く、こだわりも多いです。ドレスコーディネーターはそうした新婦の夢を叶える仕事です。

新婦にふさわしい一着を勧めることができれば、新婦だけでなく新郎や家族からも喜ばれる仕事でやりがいを感じることができます。晴れの日の衣裳は普段着のようにとはいかないため、フィッティングも含め一人当たり数時間はかかることから、一日に3、4組を担当するのが限界です。ドレスが決まらなければ他のブライダルアイテムが決まらないことが多いので、半年前から決めていくケースが多いです。この職業に就くには、ファッションあるいはブライダルの専門学校に行き、ブライダル全般について学ぶ方法とスタイリスト専攻で学ぶ方法が主です。

そこでは、認定ドレスコーディネーターの資格取得を目指すこともできます。一般の大学からも目指すことは可能で、その際はカラーコーディネーターの資格だけは取得しておくと有利です。入社前にアルバイトとして入店したり、研修プログラムがきちんとした企業であればドレス知識がないところからでもスタートし、働きながら資格を取得を目指すこともできます。