20代女性の2大資格 医療業界&ウエディング業界
女性に人気の職業

カラーコーディネーター

女性資格

カラーコーディネーターは女性が取りたい資格として人気があります。色の持つ特性を生かして、商品ニーズにあったイメージカラーを提案できるようになります。色が人に与える心理的な影響や、色の組み合わせによる資格効果などの知識を活用しつつ、商品の色彩や配色などをコーディネートできる力が身につきます。

色はどんなものにもあるので、カラーコーディネーターはいろいろな分野で活躍することができます。服飾などのファッションをはじめとして、建築やインテリアなどの色彩のアドバイス、企業商品の色彩戦略へのアドバイス、街づくりの色に関わるコンサルタントの仕事などもあります。例えば青は鎮静効果がある色なので、心を落ち着かせたり集中力を高めたいものや場所に使うと有効です。暑さや涼しさも色が関係しているので、夏は寒色系で涼しく、冬は暖色系で暖かくといった活用方法ができます。

もともとカラーコーディネーターになりたくて資格を取る人もいますが、それよりもアパレルメーカーやWeb制作会社、ハウジングメーカー、インテリアメーカーなどに所属している人が企業に属してからもっと仕事に役立てるようになりたいということで資格を取ることが多いです。専門学校などで取得を目指す人もいますが、仕事をしながら取得したいという人は通信講座を活用して自分のペースで勉強を進めていくようです。色に関わる仕事がしたい女性や、色の勉強がしたい女性にもおすすめの資格です。